症例を通して検査内容や施術方法を説明していますので、お読み頂き参考にしてください。

 

ケース1.

中学三年生/14歳

体育の時間にマット運動で前転に失敗して頭部を強打、背中の痛みを訴えて来院。

 

主訴 

背中の痛み

 

各種検査
以前、追突外傷で来院歴あり。

①アムサット

上段は交通事故当時のデータ。

頭部、首から肩にかけて棒グラフが赤色。身体機能が顕著な亢進状態を示し、筋緊張・ケガによる炎症・精神的ストレスなどが考えられる。

 

下段が今回のデータ。

頭部と首から肩にかけて黄色。身体機能は中程度の亢進状態。

 

②筋電計

筋電検査で、頚部に強い筋緊張を認める。
上段は以前に測定した交通事故当時の頚部筋電位のグラフ。

両首から両肩にかけて異常な筋緊張状態(黒色は測定不能)。

 

下段が今回の頚部筋電位のグラフ。

右首から右肩にかけ強い筋緊張が認められるものの測定範囲内に治まる。

 

③モーションパルペーション

可動域検査で上背部の可動域にアンバランスがあることを本人に確認してもらい、同時に触診しながら右肩甲骨が肋骨と一緒に盛り上がっていることを理解してもらう。

最近、学校の検診で側弯症の疑いを指摘されたとのことで、普段からうつ伏せ寝(右向きが多め)の習慣、右片噛み癖があるとのこと

 

施術

パルスターフラスのみ

パルスターフラスで後頭骨~仙骨までの各脊椎レベルにおける筋硬度を測定し調整した結果が以下の通り。
受傷機転より頚部に問題が検出されることは事前に予想。

 

検査結果

Occ〜C2(環椎後頭関節・環軸関節)に異常を検出。(PREグラフ)

施術は上部頚椎部を中心に、胸椎~仙骨を数カ所、及びその関連筋群を調整を行い、およそ5分程度で終了。

 

施術結果

後頭部の筋付着部にやや硬さを残す。

脊柱全体の筋硬度率が6%緩和。(POSTグラフ)

特にC1~C2(環軸関節)レベルの神経伝達が改善したことにより、姿勢が伸びやかになり、頚部の可動域も改善。

患者教育

施術後、以下のことをアドバイスして終了。

就寝時は仰向け寝を基本にし、“ながら携帯”を控えること。

②枕の高さと形状に気を付けること。

③受験生なので長時間の勉強中の姿勢に気を付けること。

④食事の際は両方の奥歯でしっかり噛むこと。